CPAP療法
いびき・睡眠時無呼吸症候群の治療は梅華会耳鼻咽喉科クリニックへ。兵庫県西宮市・芦屋市・神戸市。
いびき対策、いびき外来、いびき改善、いびき治療、いびきの原因、睡眠時無呼吸症候群、SAS、CPAP
CPAP療法

CPAP療法

CPAP療法は、鼻に装着した特殊なマスクから、無呼吸・低呼吸になった時に、圧力を加えた空気を送り込むことによって、気道の閉塞を取りのぞく治療法で、現在では睡眠時無呼吸症候群(SAS)のもっとも重要な治療法となっています。
CPAP(シーパップ)とは、Continuous Positive Airway Pressureの略で、日本語では、経鼻的持続陽圧呼吸療法と言います。

CPAP療法について

CPAP療法は、治療効果が高く副作用も少ないので、広く世界中で睡眠時無呼吸症 候群(SAS)の治療法として確立しています。

CPAPを使うと、ほとんどの患者さんが使ったその日から「いびき」をかかなくなり ます。朝の熟睡感も得られ、昼間の眠気も軽くなると言います。特に、中等症から重 症と判定された患者さんに有効で、高血圧などの合併症の予防・改善効果が得られ、 重症の患者さんの場合、CPAPを使わなかった患者さんより長生きをすることも立証 されています。

また、CPAPは、健康保険が適用され、3割負担の場合、1ヶ月当たりの費用は約5 000円です。
※健康保険でCPAP治療をするためには、毎月1回の外来受診が必要です。

CPAP療法のメリット

簡単に治療が開始できる

1回目の通院:問診・診察⇒1晩の自宅での検査⇒2回目の通院:結果・治療方法の説明⇒導入——とたった2回の通院と4つのステップで導入できます。

患者さんの負担が軽い

手術などと違い身体を傷つけないので、入院する必要がなく手軽に導入でき、経過観察によっていつでも中断できます。

副作用が少ない

睡眠中に喉の閉塞した部分に圧力をかけた空気を送り込むだけの治療で、日中と同じ空気の通り道をつくれ、自然な睡眠状態へ誘うことができるので副作用の心配はまずありません。

長期的に使用できる

加齢による変化にも圧力やマスクの調整などで対応できるため、長期に渡っての 使用が可能です。

費用が抑えられる

CPAP療法は厚生労働省が定めた保険対象の治療です。
※検査結果によりSASの重症度分類で中等症以上と判定された患者さんが保険対象となります。
また、1ヶ月に1回の通院が必要です。

CPAP療法の効果

無呼吸・低呼吸、いびきの消失

CPAP療法は、圧力をかけた空気を鼻から送り込むことで気道が広がるため、これまでの閉塞による無呼吸・低呼吸、いびきが改善されます。患者さんばかりでなく、ご家族の方にとっても快適な睡眠が得られます。

低酸素血症、高炭酸ガス血症などの改善

睡眠中の無呼吸・低呼吸は、血液中の酸素濃度を下げる(低酸素血症)だけでなく 、肺胞での酸素と二酸化炭素の交換に支障を来します(高炭酸ガス血症)。
CPAP療法により、睡眠中も酸素が取り入れられるようになるので、これらの症状 が改善されます。

睡眠の質の向上

無呼吸・低呼吸の状態が続くと、眠りが浅い状態となり、睡眠時間をしっかり取っ たとしても、実際は熟睡できていません。そのため、朝の目覚ても熟睡感がなく、日中の眠気に繋がります。CPAPを使うことで、質の良い本来の睡眠が得られ、これらの症状が改善されます。

高血圧や不整脈などの改善

無呼吸・低呼吸により、乱れていた自律神経の日内変動が改善されていくことで、 身体の諸症状の改善に繋がります。

ページトップへ戻る